オメガのシーマスターを中古で購入|人気の時計でカッコよく決めろ

男性の腕時計

買取価格の変遷

買取価格の変遷について

地球上にある限られた金属の1つとして、金の買取価格は年々高騰の一途をたどっています。 1999年には1グラム=1,000円前後だった金の買取価格は、2015年3月現在では1グラム=4,500円と、わずか15年余りその買取価格はで約4.5倍にもなっております。 これから先も買取価格の上昇は続くと思われます。 1つは、金の用途が広がったという所にあります。 以前はアクセサリーやコンピュータの基盤の一部に使われていただけでしたが、ここ数年の急速な携帯電話の普及によって、基盤に使われる金の使用量が増大しています。 もう1つは地球上に残されているのが残りわずかだという点です。 一説では地球上に残された金は1辺20メートルの立方体程度だと言われています。

金の歴史とこれからについて

金は紀元前3000年頃から使用されてきたと言われ、もっとも古くから人類が使用している金属の一つです。 精錬の必要がない状態で自然界に存在しており、加工がしやすく様々な有用性があるという点が古くから使われている理由の一つでしょう。 その使われ方は多岐にわたっており、古くは装飾品や貨幣として使われていました。 富の象徴とも言われ、古代の王族は好んで金の装飾品を愛用しました。 近年では、その優れた導電性、腐食しにくさ、電気抵抗の低さなどからパソコンや携帯電話の基盤に多く使用されています。 以前は採掘によって採取されていた金ですが、最近は埋蔵量の減少などの点から、コンピュータの基盤から採取する、いわゆる都市鉱山の技術が発達してきております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 オメガのシーマスターを中古で購入|人気の時計でカッコよく決めろ All Rights Reserved.